卵は一日一個までは嘘?!

こんにちは!

今日は、疲れにくく、若々しく綺麗を保てる効果も、

頭の働きを良くする効果も

痩せやすい体質にしてくれる効果もある「卵」

一日一個以上食べても大丈夫みたいです!!

(※医師に控えるように言われている方等は参考にしないでください)

という話が「婦人画報」に載っていたのでそこから紹介します。

yjimage

体のもととなる細胞を作るには

いろんな栄養素をバランス良く摂ることが一番ですが、

食事の度に食材を用意するのは難しいですね。

これだけ食べていれば大丈夫!というものは

無いけれど、最も優秀な食材はです。

yjimage-1

「卵には重要な必須脂肪酸、必須アミノ酸がバランス良く

揃っていながら、老化を加速させる糖分がほとんど含まれていません。

その他にも体に必要な栄養素が多彩に含まれています。」

今年の始めにアメリカ政府の食生活ガイドラインを決めるところが

「食事によるコレステロールの摂取制限は必要ない。」

と発表し卵の摂取量も見直され始めました。

そもそもコレステロールは細胞のターンオーバーを正常に保つ為に

欠かせない細胞壁の材料で、女性ホルモン等、様々なホルモンの材料に

なる脂質の一種です。

今までは食品に含まれるコレステロール量がそのまま体内の

コレステロール値に反映すると考えられていましたが、

実際はコレステロールの8割は肝臓で作られていて

食品から得られるのは残りの2割

コレステロール値が変化するのは、肝臓の酷使や

過剰なストレス、老化による代謝機能の衰えによるもの。

そして、更年期以降に急激にコレステロール値が高くなるのは

これまで肝臓の代謝機能を手助けしてくれていた女性ホルモンが

減少するから。なのでするべきは、コレステロール値を適切に保つ為に

卵を減らすのではなく、肝臓の働きと女性ホルモンをサポートし、

適度に筋肉を付けることが重要なのです

卵の食べ過ぎによる害はないものの

他の食品同様、適切な量が望ましく、一度に2〜3個

出来るだけ生に近い状態で、「朝」食べるのが良いそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする