ヒアルロン酸でアイドル顔〈4〉あご

ツンとしたあごは小顔効果もあり、アイドル顔になるポイントのひとつ

あごのヒアルロン酸注射はあご先を出す治療であり、

元々あごが小さく引っ込んでいる人に対してあご先を出すことが多いです。

ヒアルロン酸をどの部位にどのように注入するかによって、

どの方向にあごを出すか、どのような形にするか、ある程度デザインすることができます。

また、どれだけの量を注入するかによって、

どの程度あごを出すかコントロールすることもできます。

「正面から見てあご先が尖った感じのシャープな輪郭にしたい」

というご要望の人には、あごの先端部分を中心にヒアルロン酸を注入すると、

シャープなフェイスラインを作ることができます。

〈あご先に長期持続型ヒアルロン酸注射をし、シャープなフェイスラインにした症例写真〉

ba_agochu30_b → → ba_agochu30_a01

↓横から見てもバランスが良くなっているのがわかります。

ba_agochu32_b → → ba_agochu32_a01


ヒアルロン酸でアイドル顔になるための4つのポイント(涙袋、アヒル口、鼻筋、あご)を

紹介してきましたが、

どの部位からアイドル顔に近づけていくかが見えてきたら、

次に気になるのは実際の施術でしょう。

基本的な流れは、

カウンセリング⇒麻酔⇒ヒアルロン酸注入

です。

詳しくはクリニックで丁寧に説明させていただきます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする