切る若返り

若返り治療を選ぶ時のポイントは「切るか、切らないか」。

切る施術、つまり切開する施術は、やはりそれだけ大きなアンチエイジング効果があり、

5歳10歳確実に若返えることが期待できます。

けれど9割の方がメスを入れるのには抵抗があるようです。

他人にバレてもいい、術後皮膚が落ち着くまでに多少の時間がかかってもいい…

切ることに対する抵抗感がないのであれば、切開の施術がベストの方法でしょう。

切る若返りで人気なのが、リフトアップ。

頬や口もとなどの部分的なシワ・たるみを改善するミニリフトは、

通常のフェイスリフトよりも傷口が小さく、術後の腫れも少ないのが特徴です。

〈50代女性のミニリフト症例写真〉

ba_minilift005_b01 → → ba_minilift005_a01

やや深刻なたるみやシワにはミディアムリフトがおすすめです。

主に顔の下半分のリフトアップ手術であり、頬のたるみとフェイスラインを改善させます。

こめかみの髪の毛が生えている部分から耳の前、耳たぶの後ろにかけて皮膚を切開し

リフトアップします。

〈40代女性のミディアムリフト症例写真〉

ba_mediumlift12_b → → ba_mediumlift12_a01

顔全体の衰えを一気に解決したいなら、

究極の若返り法と呼ばれるフルフェイスリフトが効果的。

髪の生え際や耳の周りなどの傷が目立たないところを切開し、

鼻から口にかけてのシワやたるみ、たるんだ首、あごのラインのたるみなどを

1度の手術で改善します。

〈フルフェイスリフトの症例写真〉

ba_facelift_pic07_b → → ba_facelift_pic07_a01

(※こちらは額リフトも施行しています)

ご相談は、いつでもクリニックへどうぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする