これさえなければ…

暑い日が続き、肌を見せる服装になってきていますね

夏のオシャレを楽しむのに、ペインティンググッズやタトゥーシール、タトゥータイツなど、

タトゥーに関連したたくさんの商品が売り出されています。

現在の日本では残念ながら、本物のタトゥーをしていると

周りから色眼鏡で見られてしまいます。

タトゥー禁止の公共施設も増えてきており、どんどん厳しくなっています。

けれど若者からのタトゥー人気は上昇しているようで、

オシャレタトゥーの本なども本屋さんで見かけます。

しかし、オシャレ感覚でタトゥーを入れた人でも、また別の理由で入れてしまった人でも、

後悔している人もいると思います。

高須クリニックでは、レーザー・切除縫縮・剥削・皮膚移植の4つの方法で

タトゥーを除去します。

〈指に入れた入れ墨を剥削手術で除去した症例写真〉

ba_irezumi29_b → ba_irezumi29_a01

〈背中の入れ墨を2回に分けて切除縫縮した症例写真〉

ba_irezumi25_b → ba_irezumi25_a01

色や大きさによって最適な方法を選び、除去します。

入れ墨のタイプによっては、元の皮膚に戻すのは難しい場合もありますが、

それとは気づかれない傷跡に変えることはできます。

悩んでいる方は、ぜひクリニックにご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする