最適なバストアップ法〈3〉プロテーゼ挿入

バストアップで半永久的な効果を望む方、2カップ以上の変化を望む方に

最も人気のある豊胸手術がプロテーゼ挿入

100種類以上のプロテーゼを用意し、イメージ通りのサイズと形にできます。

手術時間は1時間前後で、全身麻酔で眠っている間に終了します。

見た目も感触も自然な仕上がりで、ブラジャーでのバストメイクも思いのまま。

また、術後の授乳も可能です。

〈大胸筋下に150CCずつ挿入した症例写真〉

ba_hokyo22-1

安全と仕上がりにこだわる高須クリニックでは、

日本人の体型に合った特別オーダーのシリコンバッグを採用しています。

このバッグはアメリカのFDA(食品医薬品局)あるいは

ヨーロッパのCE(EC加盟国の基準を満たすものに付けられる品質マーク)に認可されており

安全性と耐久性に優れた質の高いものです。

温かく柔らかな触り心地で、自分の乳房のようにブラで寄せて上げて

好みのバストを演出できます。

またこのシリコンバッグは、健康診断での正面からのレントゲンではほとんど写りません。

プロテーゼ挿入は5カップ程度まで大きくできるのが魅力ですが、

年齢を重ねたときのことも考慮しておきましょう。

全身のハリがなくなってくるのに胸だけがパンと大きくなっているのは不自然ですから。

ただ、痩せている人が大きなバッグを入れると若くても不自然になりがちなので、

1.5~3カップ程度のバストアップにしておくのが安心です。

ヒアルロン酸注入、脂肪注入術、プロテーゼ挿入と紹介しましたが、

自分にはどのバストアップ法が最適なのか、

お悩みの方はどうぞお気軽に高須クリニックへご相談下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする