女性化乳房除去

男なのになぜか膨らんでいるバスト…。

男性が女性のようなバストの膨らみがある状態を『女性化乳房』といいます。

女性化乳房にお悩みの方に、女性化乳房除去についてご紹介します。

もともと男性の乳房は女性のような発達はしませんが、

女性のように乳腺自体が発達した場合の“真性女性化乳房”と、

単純に太って脂肪がついた結果で膨らんでしまった場合の“偽性女性化乳房”があります。

この2つのタイプに合わせて、 改善手術も2種類。

乳腺が発達した真性女性化乳房には、乳腺切除手術を。

単に脂肪がついている偽性女性化乳房には、脂肪吸引術を行います。

真性女性化乳房の手術の場合は乳腺を切除するため、

乳輪の下半周の皮膚を切開し、乳腺組織をハサミや電気メスで摘出しなければなりません。

乳腺組織は硬い結合組織なので、脂肪吸引で吸い取ることはできず、

直接鋭的に切り取る必要があります。

また、乳腺を切除した部分は空洞になるため、

そのスペースに血液や浸出液が溜まらないようにし、

綺麗に癒着してスペースがくっついて治るようにするため

サクションドレーン(持続吸引ドレーン)を数日間留置する必要があります。

〈真性女性化乳房の乳腺手術の症例写真〉

ba_gynecomastia010_b01 → → ba_gynecomastia010_a01

偽女性化乳房の手術は乳腺を切除する必要はなく、脂肪吸引だけで改善することが多いです。

乳輪の下半周の皮膚を切開する必要はなく、

術後にサクションドレーンを入れる必要もないため、術後の回復は早くなります。

〈脂肪吸引(胸部、腹部)の症例写真〉

ba_shibokyuin50_b → → ba_shibokyuin50_a01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする