再生医療

今や雑誌やTVで紹介されている肌再生医療。

肌を再生って?!

なかなかイメージがつかないですよね
欧米では、自分の線維芽細胞をシワに移植して治療を行うということは
昔からあったそうなのですが、日本では2003年頃から美容としての肌再生医療が
始まったそうです。

「皮膚再生医療」とか「肌細胞注入療法」とも言われています。

この方法の一番の特長は、「安全」であるということ。

自分の細胞だから、アレルギーも感染の危険性もありません。

また、効果が長く続くというのも大きな特長です。

そこでご紹介したいのが『PRP皮膚若返り治療』とは、自分の血液から高濃度の
血小板血漿を抽出し、老化した皮膚に注入する、最新の皮膚再生医療。
肌に注入された血小板からは様々な成長因子が放出されてコラーゲンや
ヒアルロン酸の生産が増加し、しわ改善はもちろん、皮膚が総合的に若返ります。

さらには、創傷治癒(人体に備わった治癒能力で傷などを修復・再生する働き)も促し、
肌を丈夫にする効果も得られます。
自分の血漿を使うので、感染症やアレルギーなどの心配もない安全な治療。
施術は、採血時間も含めて、約30分で終了します!

ちょっと説明が難しいかもしれませんが、ようは
どんなに安全性が証明されていても、ヒアルロン酸などの薬剤は使いたくない方にも若返りを実現していただけるのが、このPRP皮膚若返り治療です。

img_prp_01

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする