高須クリニック 最新美容情報局|スタッフブログ

ただのシミじゃない?!

皆さん、こんにちは!

30〜40代の女性に急増する「肝斑(かんぱん)」は、ただのシミではありません
これは女性ホルモンが影響するもので、肝斑ができる原因や治療法を把握しておきましょう!

そもそもシミとは、肌が紫外線を浴びた際に肌を守ろうとしてできるメラニンが、肌から排出されず留まってしまうことによって出来るもの。

若くて健康な肌では、古い細胞と共に、紫外線により出来上がったメラニンが
押し上げられて皮膚から排出されます。ですが、加齢やストレスでそのサイクルが滞ると、
メラニンが排出されずシミとなって残ります。

一方で「シミ」といっても、医学的には幾つかの種類に分類されます。
その中の1つで、30−40代女性に多く見られる、化粧で隠しづらく、治りづらいシミが
「肝斑(かんぱん)」なのです。

肝斑(かんぱん)の特徴は

ほお骨にそって目の周りを避け左右対称に出来るシミのこと。
特に美白ケアや紫外線対策をしているにも関わらずシミが
どんどん増えるという時には、肝斑を疑ってみては?というのも
肝斑は「自分の中に原因がある」シミだからです。

肝斑(かんぱん)の原因は

肝斑は、30-40代女性で、特にピルを飲んでいる人や妊婦さんに多く見られることからも
「女性ホルモンが影響してできるシミ」と言われています。
その為、高齢者にはほとんどみられず、閉経とともにシミが薄くなるそうです。

ba_alextrivantage03_b        ba_alextrivantage03_a01

施術前             施術後

そこでご紹介したいのがAlexTriVantage(アレックストライバンテージ)です。
レーザー治療では困難といわれている肝斑(かんぱん)や肌のくすみ、
日焼けによるしみ・そばかすだけでなく、生まれつきの青アザに効果があります
瘢痕(はんこん)、赤みなどの副作用リスクも大幅に軽減し、従来のレーザーよりも
高い効果が得られます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする