高須クリニック 最新美容情報局|スタッフブログ

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは「顔面麻痺」とも呼ばれ、

顔の表情を作る筋肉、表情筋をはじめ、

味覚・聴覚などを支配する顔面神経に障害が起こる状態を言います。

前頭筋、眼輪筋、大・小頬骨筋、頬筋、口角挙筋、口輪筋、口角下制筋、

口唇下制筋、広頚筋など、すべての表情筋が麻痺することで、

眉毛が下がり、眼瞼は外反、口角がしまらなく歪んでたれ下がります。

顔面神経麻痺の原因は、脳外科手術や外傷から原因不明のものまであります。

最近では有名な芸人さんもなっていて、話題になりました。

img_facial_paralysis_feature_01

顔面神経麻痺の症状

高須クリニックでは最新の手術によって、顔面神経麻痺を治療しています。

【健側へのボトックス・ボツリヌストキシン注射】

麻痺のない、引きつった頬・口角へボトックス・ボツリヌストキシンを注射し、

筋肉をゆるめて左右対称に近づけます。

個人差はありますが、約6ヶ月程度効果が持続します。

【側頭筋移行術】

側頭筋をまぶたと口角へ移行することで、目を閉じられるようにし、

下がった口角を引き上げます。

【眉毛挙上術(ブローリフト)】

顔面神経麻痺によって垂れ下がった眉毛を、麻痺のない部分に合わせて引き上げます。

【患側のフェイスリフト】

顔面神経麻痺によって垂れ下がった頬を手術で引き上げます。

【下まぶたの外反の反応】

下まぶたの外反(アカンベーの状態になって目が閉じられない状態)を手術で治療します。

顔面の麻痺を解消し、様々な表情ができるあなたを取り戻しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする