たっぷり脂肪を一網打尽!

お腹やお尻などの大きなパーツを速攻でスリムにしたい!

いらない脂肪を夏までになんとかしたい!

たっぷりついた脂肪も、1回の治療で取り除くことができるのが

脂肪吸引(スムースライポサクション法)

皮下には多くの脂肪が蓄積し、脂肪細胞は結合した状態になっています。

この状態のまま吸引する従来の脂肪吸引では、

血管や神経など周辺組織を傷つけてしまうことが多く、

体への負担が大きなものでした。

また従来の脂肪吸引では、脂肪吸引した後の皮膚がたるみやすいのも問題でした。

そこで考案されたのが、スムースライポサクション法です。

麻酔薬に血管収縮剤や止血剤などをブレンドしたチューメセント液を注入し、

吸引時に血管が傷つくのを軽減します。

また、チューメセント液を脂肪層に充満させることで脂肪が柔らかくなり、

脂肪を吸引しやすくなるので施術時間も短くなります。

脂肪を吸引するカニューレは、できるだけ細いものを使用します。

さらにその先端にスキンプロテクターを装着。

皮膚や脂肪層への負担を最小限にします。

幾重にもなっている脂肪層のそれぞれから、まんべんなく丁寧に吸引。

凹凸やたるみができないよう、細心の注意を払います。

▼使用するカニューレ

余分な皮下脂肪がなくなり、ボディラインも皮膚表面もすっきり美しく。

通常のダイエットでは脂肪細胞が小さくなるだけですが、

脂肪吸引では脂肪細胞の数が減らせます。

このため、リバウンドの心配が極めて少なくなります。

▼脂肪吸引(スムースライポサクション法)の可能な部位

脂肪吸引は脂肪を蓄積する脂肪細胞を吸引する際に、

適度に脂肪を残す事で表皮が滑らかになりますが、

肌に醜いデコボコをつくるセルライト(脂肪と老廃物が結びついたもの)を

ピンポイントで除去するのであれば、

イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射がオススメです。

今でこそおなじみの『脂肪吸引(スムースライポサクション法)』ですが、

1968年に日本に初めてこの方法を紹介したのは、高須克弥院長。

以来、独自に開発して特許を得た装置を駆使し、

“安全”かつ“確実”な治療にこだわり続けてきました。

経験豊富なドクター陣がより高度で安全な施術を行いますので、

お悩みの方はぜひ一度、クリニックにご相談ください

〈二の腕〜肩の脂肪吸引をして、一回り細くなった症例写真〉

 → →  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする