高須クリニック 最新美容情報局|スタッフブログ

目頭切開【Z法】

大人っぽい美しい目の比率は、目→目と目の間→目の横幅の比率が

1対1対1といわれています。

目が多少離れていても可愛らしい印象になりますが、

離れ過ぎているとアンバランスな印象になってしまいます。

目を中央に寄せながら、切れ長の大きな目にするのが目頭切開です。

目頭切開はZ法、W法(内田法)、V法、リドレープ法、三日月型単純皮膚切除法など

色々ありますが、

それぞれ傷跡の形、仕上がり、経過、ダウンタイムなどが違います。

今回はZ法を紹介します。

【Z法】

目頭切開Z法は、蒙古襞の皮膚のつっぱりを切開してフラップにし、

蒙古襞の内側に切開して作った切れ込みにフラップをはめ込んで傷跡を縫合する方法です。

小さなZで切開すれば小さな変化があり、大きなZで切開すれば大きな変化があるので、

顔のパーツのバランスや患者様の希望に合わせて微妙な調節がしやすい術式です。

小さなZ形成のデザインで行うと、少しだけ目を内側に広げることができます。

小さいZのほうが傷跡が小さく、早く傷跡が目立たなくなります。

斜め下方向に尖った目頭になりやすく、

末広型二重を末広型二重のまま内側に目を大きくすることができます。

大きなZ形成のデザインをし、目頭の粘膜近くまで切開すると、

蒙古襞を完全になくし、涙丘を完全に露出させることもできます。

末広型二重を平行型二重にすることもできます。

比較的傷が小さく、傷が目頭のシワや溝に一致しやすいため傷跡が目立ちにくく、

術後の腫れ、赤みが引くのが早く、ダウンタイムが短いのが特徴です。

また、後戻りすることはなく、

仕上がりは自然に斜め下方向に軽く尖った感じの目頭の形になります。

〈男性患者様に行った目頭切開Z法の症例〉

 → 

………………………………………………………………………………………………

目頭切開片目¥125,000(税抜)

     両目¥250,000(税抜)

【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症について

メスを使う目もとの手術のリスク、合併症において最も頻度の高いのは、術後の内出血です。

これらの手術は、二重まぶた埋没法やヒアルロン酸注射などと違い、

程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。

担当医師は、なるべく強い内出血が出ないように丁寧に手術をさせていただきます。

程度の軽い内出血であれば、1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えていますが、

運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。

その場合、抜糸した翌日からアイメイクをすることができるので、

ファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。

また、なるべく内出血を生じないようにするためには、

医師が丁寧に手術することはもちろん、

患者様が手術中にリラックスして目に力を入れないこと、

術後1週間特に最初の3日間くらいは熱いお風呂に長時間浸からないこと、

激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないことなどが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする