高須クリニック 最新美容情報局|スタッフブログ

目頭切開【W法、その他】

先週紹介した目頭切開ですが、他にもいくつか術式があります。

【W法(内田法)】

目頭切開W法(内田法)は、目頭の皮膚をWの字に切開し、

Wの字の尖っている部分の皮膚を切除し、皮膚を引っ張って縫合する方法です。

蒙古襞の余分な皮膚を三角形に切除して、

その皮膚欠損部分に皮弁にした蒙古襞の皮膚を引っ張って嵌め込みます。

涙丘がしっかり出て、丸い形の目頭になりやすいです。

しっかり行えば、末広型二重を平行型二重にすることができます。

Z法に比べ、丸い感じの目頭の形になることが多く、

やり過ぎると、パンチで穴を空けたような不自然な形になることがあります。

Z法に比べ、傷が大きく目立ちやすいため、赤みが引くのも時間がかかり、

ダウンタイムが長くなることがあります。

他にもV法、リドレープ法、三日月型単純皮膚切除法などありますが、

高須クリニックではあまり行われていません。

お悩みの方はまずクリニックでカウンセリングをしっかり受け、

自分に一番合った方法を選んでいきましょう。

他院で受けた手術の修正も行なっていますので、

ご相談はお気軽にどうぞ

………………………………………………………………………………………………

目頭切開片目¥125,000(税抜)

     両目¥250,000(税抜)

【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症について

メスを使う目もとの手術のリスク、合併症において最も頻度の高いのは、術後の内出血です。

これらの手術は、二重まぶた埋没法やヒアルロン酸注射などと違い、

程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。

担当医師は、なるべく強い内出血が出ないように丁寧に手術をさせていただきます。

程度の軽い内出血であれば、1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えていますが、

運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。

その場合、抜糸した翌日からアイメイクをすることができるので、

ファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。

また、なるべく内出血を生じないようにするためには、

医師が丁寧に手術することはもちろん、

患者様が手術中にリラックスして目に力を入れないこと、

術後1週間特に最初の3日間くらいは熱いお風呂に長時間浸からないこと、

激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないことなどが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする