他院で受けた手術の修正(わきが・多汗症)

こんなハズではなかった

せっかくの思いで治療したのに結果がっかり…なんてことありませんか?

ニオイの悩みから解放されるのはもちろん、傷跡や凹凸のない満足のいく仕上がりを得るには、高度な技術に加え、美しく仕上げるセンスが必要です
そのため、術後に不満をかかえてしまう方も多くいます。

そこで他院で受けたわきが手術についてよくあるご相談をまとめました

わきがの根治術を受けたのに、まだニオイが気になります。

根治術といっても完全にニオイを無くすことができないのですが、アポクリン汗腺の取り残しがあるのかもしれません。まずは、ニオイのレベルをしっかりチェックすると同時に、
まだアポクリン汗腺を取ることができるかどうか診察して、再手術の必要性を判断します。

わきがの手術を受けたら、皮膚が引きつるような違和感が。

縫合のときに、皮膚の一部が引っ張られ過ぎてしまったのでしょう。
突っ張っている皮膚を解除する手術があります。ただ、あまりに引きつりがひどい場合は、
完全に戻すのが難しいことも。その方の状態を見極めて、できるだけ違和感がなくなるように
修正していきます。

これから気温も上がり、汗やニオイも気になってきますよね
そこでご紹介したいのがマイクロ波照射(わきが・多汗症)です。
ニオイのもととなるアポクリン汗腺と、汗のもととなるエクリン汗腺にマイクロ波を照射し、
加熱することで、汗腺にダメージを与える治療です。

メスを使わないため傷跡が残らず、術後の処置も不要なため、日常生活への支障が少ないのも、患者様に喜んでいただいております。汗やニオイのどちらかだけのお悩みでも治療可能ですので、ご興味のある方はお気軽にご相談頂ければと思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイクロ波照射(わきが・多汗症)

両脇 1回 ¥350,000 / 1年補償内、2回目 ¥175,000 【東京、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症について

浮腫み・痛み・色素沈着・硬化・感覚の変化、発赤、内出血、発疹、熱傷、一時的な腕の筋肉および指の力の減少(治療部位及びその周辺)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする