この部分集中してやせたい!

皆さん、こんにちは!

ある部分を集中して痩せるのは通常のダイエットではなかなか難しいですよね

痩せたい部分などを集中して筋トレやエクササイズを行う必要があります。
でもそれがなかなか難しいところ
太ももウエスト二の腕お腹周りを何とかしたい方は部分痩せにチャレンジ
したいですよね

太ももダイエット
太ももを痩せるために必要としているのが、足のストレッチをすることです。
走ったり歩いたりする運動ですが、脂肪を燃焼してくれるのはもちろんとしていても、
そのかわり筋肉がついてきてしまいます。走るなどの運動で一番筋肉がつきやすくなっているのが、一番負担が大きい足になるので当然太もも筋肉がつきます。
脂肪燃焼をさせながら筋肉を付ける方法としてオススメなのがスクワットになります。

ぽっこりお腹には
(1)腹筋を鍛える
(2)ももの裏とお尻の筋肉を鍛え、ももの表をほぐす。
(3)内臓を正しい位置へと整える

理想のウエストサイズ
細ければいいというわけではないウェスト、理想のくびれサイズは?
これはヒップとのバランスがとても大事です。
「WHR」(Waist to Hip Ratio)の値を理想に近づけていくとくびれを作ることが出来るのです。WHR=ウェスト÷ヒップ=0.7
これは、アメリカの心理学者であるシン博士が16カ国で調査を行った結果、
導きだした理想の値です。

色々試したけど、なかなか効果が見えず悶々としている方にご紹介したいのが
がんばらずにすらりと変身できる脂肪溶解注射(イタリアン・メソシェイプ)です。
「血行が悪くて、痩せにくい」「下半身がむくみやすい」という人に
脂肪を貯めにくい体質へと導きます

 →→→

施術前            6回目注射後

 →→→

20代女性の患者様で、お尻~太ももにかけて太いのを気にされていました。
診察させていただいたところ、お尻全体に皮下脂肪がたくさんついており、お尻が横に広がって大きくなっていました。イタリアンメソシェイプ(脂肪溶解注射)をお尻全体~太もも全体にかけて行うことになり、2週間以上空けて計6回(1クール)注射をしました。
6回注射終了後にはお尻全体~太もも全体にかけて1回り細くなって、全体的にすっきりした下半身になりましたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする