他院で受けた豊胸手術の修正

美容整形には、高度な技術に加え、美しく仕上げるセンスが必要です。

そのため、術後に不満をかかえてしまう方も多くいます。

例えばプロテーゼ挿入の豊胸手術を他院で受けたものの、

形や触り心地が気に入らないという方。

痩せていて皮膚の薄い人に、無理して大きなバッグを入れたのが原因で

バッグの輪郭が浮き出てしまい整形がバレバレになってしまったり、

10年前に挿入した生理食塩水バッグが破裂してしまったなど…。

挿入したプロテーゼバッグを手術で取り出せば元の状態に戻すことができます。

ほとんどの場合、入れた所から取り出せるので、新たな傷が増えることはありません。

特に、プロテーゼが飛び出してしまった方は、即刻ご来院ください。

早くプロテーゼを取り除かないと、どんどん穴が大きくなって胸が変形してしまったり、

感染症を併発してとんでもないことになってしまう恐れがあります。

プロテーゼを取った後は、傷を治すお薬で治療を続け、

落ち着いたらまずは空いてしまった穴をできるだけ目立たない状態にしていきましょう。

高須クリニックには、経験を積んだ形成外科の専門医や

修正手術のプロフェッショナルが多数おります。

当院の技術とセンスなら、思い通りのバストに修正することが可能です。

お悩みの方、まずは当クリニックへご相談ください。

他院で受けた手術の修正(豊胸・バスト・乳首)

〈他院で受けた生理食塩水バッグ(右側は破裂)の修正〉

 → → 

10年前は最先端だった生理食塩バッグですが、

中身は水なので触り心地がちゃぷちゃぷと不自然なうえに、

ちょっとした衝撃で破損して中身が漏れてしまうのが問題でした。

新たな傷跡を作らないよう、以前と同じワキの部分から手術。

両胸とも生理食塩バッグを取り出し、最新のプロテーゼと入れ替えました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする