高須クリニック 最新美容情報局|スタッフブログ

梅干しジワにさよなら

口を閉じた時、アゴにできる梅干しのようなシワ…

写真を見返しても、梅干しジワが目立っている気がして嫌だ…

とお悩みの方。

そのシワが筋肉の動きによる物であれば、

ボツリヌストキシン注射(エラ・プチ小顔術)

〔エラボトックス・ボツリヌストキシン注射〕

で改善できます。

施術は、筋肉の動きを和らげるボトックス・ボツリヌストキシンを直接注入するというもの。

注射1本打つだけなので、10分程度で終了します。

〈症例写真〉

▼注射前

▼注射直後

注射直後なので少し腫れています。

▼1週間後

梅干しジワは目立ちにくくなってきています。

▼1ヶ月後

キレイになりました。
シワ取りボトックスは個人差はありますが、だいたい半年~1年ぐらい効果が持続します。

人に知られず自然に改善されるので、

お悩みの方はぜひクリニックにご相談ください。

………………………………………………………………………………………………

ボツリヌストキシン注射(エラ・プチ小顔術)1回¥150,000(税抜)

リスク・副作用・合併症について

ボツリヌストキシンなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、

注射後の内出血です。

注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。

むしろ内出血を生じない人のほうが多く、

内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。

内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。

私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように

注意深く丁寧にさせていただいておりますが、

どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。

程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、

運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。

しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、

内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。

また、なるべく内出血を生じないようにするためには、

医師が丁寧に治療することはもちろん、

注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、

激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないこと

などが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする