ヒップヒアル
(お尻のヒアルロン酸注射)

プチ整形でお尻をデザイン丸くセクシーに、美しく

脂肪吸引・
痩身・部分痩せ

他の施術一覧

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)の特徴

後ろ姿の美しさの決め手になるのは、やはりお尻。セクシーで美しいお尻というのは、たるみがないのはもちろん、上の方にボリュームがあって、ぷるんと丸いカタチをしています。
形の悪いお尻は、上部のボリュームがなく、下の方がたるんでおり、色気がありません。骨格、脂肪の付き方、筋肉の付き方などによっては、扁平でボリュームがない、色気のないお尻になってしまいます。
そこで、もともと扁平なお尻や、加齢によってたるんでしまったお尻など、お尻の上部のボリュームがなく貧相な形のお尻に対して、お尻の上部にヒアルロン酸を注射し、ボリュームを出すことにより、上に上がったセクシーで張りのあるヒップにすることができます。

ヒアルロン酸注射の一回の注入量の目安は、片側につき20~50ccくらい。お試しで軽く注入する場合は、片側につき10ccずつでも注入可能です。注入したヒアルロン酸は、約3年で吸収されてなくなっていきます。
尚、ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)とよく似た効果をもつ施術には、自分の脂肪でボリュームアップする脂肪注入があります。どちらが自分に向いているか、ぜひ比較検討してみてください。

→お尻(ヒップ)の脂肪注入

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)

10cc ¥70,000 【名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

症例写真

  • Before After(注射後1週間)
    • ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)

    30代女性お尻を膨らませて張りを出すヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)の症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    30代女性の患者様で、お尻のたるみ、張りのなさがお悩みということでした。
    診察させていただいたところ、年齢によるお尻の皮膚のたるみもありましたが、筋肉の萎縮による張りのなさもありました。
    特に、お尻の上のほうのボリュームがなくなっていたので、この部分を膨らませて張りを出し、形を整えることをご提案しました。
    お尻を膨らませて張りを出す方法は、お尻専用ヒアルロン酸を注入する方法と、お腹や太ももなどから余分な皮下脂肪を吸引してお尻に脂肪を注入する方法があります。
    患者様はヒアルロン酸注射を希望されました。
    左右のお尻の上部に30ccずつ計60cc注入しました。
    注射後は、お尻の上のほうのボリュームが出て、全体的に張りのあるセクシーなお尻になりました。
    ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)は短時間で行うことができるお尻の治療で、注射した当日から日常生活のほとんどのことが可能です。
    注入すると3年程度で吸収されてなくなっていきます。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)

    10cc ¥70,000 【名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)と他のお尻をボリュームアップする施術(脂肪注入)の比較

  脂肪注入 ヒップヒアル(お尻のヒアルロン酸注射)
施術時間 2~3時間程度 約20分
持続効果 注入量の約50%が定着し、半永久。 3年程度
*約1年十分な効果が得られ、ゆっくりと吸収される
腫れ 大きい *1~2週間 わずか
向いている方 ・お尻に注入する脂肪を、他部位から十分吸引できる
・半永久的な効果を望んでいる
・気軽にヒップアップしたい
・何度かに分けて注入し、徐々にボリュームアップしたい
・全身が痩せていてお尻に注入するだけの脂肪を吸引できない

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約20分
術後の通院 なし
術後の腫れ ごくわずか(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 当日より可能